simkunのまとめ

26歳結婚生活に仕事に悩みながらも前向きに進んでいく様子を書いていきます。映画とキャンプも好きなので、ちょっとずつ紹介していきます。

オープンカーのメリット、デメリット!!

オープンカーのメリット、デメリット!!

先日、テレビを見ているとオープンカーに颯爽と乗って現れる芸能人を見ました。
いつかはあんな風に”オープンカーに乗ってみたい”と思ったので、実際にオープンカーに乗る事のメリット、デメリットを調べてみました。

※オープンカーとは?
…オープンカーとは、屋根がないか、もしくは屋根開放が可能な乗用自動車を指す言葉。和製英語である。
Wikipediaより

メリット

運転していて気持ちがいい

オープンカーの一番の楽しさと言えば運転しているときの開放感です。
屋根がなく、走っている時に、風を浴びながら走る爽快感は他の車では味わえません。
自然の中を走っていると自然と一体になったかのような感覚になります。

そして街中を走ると、数多く走っている車と違い目立ちます。
デザイン的にもかっこいい車が多く皆が憧れの車を運転しているという優越感もあります。

自身のステータス

オープンカーを所持している事は、それだけでもステータスになります。
荷物が載るわけでも、冬場に最適な車という訳でもありません。
そのため、実用的な車以外にオープンカーを所持するだけの余裕がある人だと周りに示す事が出来ます。


デメリット

維持費用がかかる

デメリットとしては、金銭負担が多くなりやすく、お金に余裕がないとオープンカーを所有する事が出来ない事です。
オープンカーはまず屋根がない形状のためボディの剛性を得るため車体金額が高くなりやすいです。
そして、スポーツタイプの車種が多いため、排気量が多い物が多く、燃費はあまりよくなく、税金も高くなりやすいです。
そして、荷物も多く乗らないため車が必要な人は、実用的な車とオープンカーの最低でも2台以上を持たないといけません。

天候に左右される

オープンカーは屋根がないか、簡易的な幌で出来ているため、天候に左右されやすいです。
真夏の時期は、エアコンなんて全く効きませんし、雨や雪が降ってくれば防ぐ物はありません。
自宅に車庫がないと、雨や雪がシートに積もっていってしまうので所有する事すらできません。


お気に入りオープンカー

最後にお気に入りのオープンカーを紹介します。


JAGUAR CONVERTIBLE F‑TYPE

最高グレードで排気量3000CC、0−100kmの加速5.1秒、最高速が275kmです。
なんといってもデザインが格好良すぎます。
ちなみに金額は1番低いグレードでも1000万ほどします(;´д`)

いつかは、実際にこの車に乗った感想を記事に出来るよう頑張っていきます。